絶叫してしまう心霊スポット紹介

世界各地には心霊スポットという場所が存在します。
今は結構立ち入り禁止の場所があります。
何故立ち入り禁止になったのかというとあまりにも怖すぎて心臓に悪いとの事です。
そのような怖い心霊スポットを一部紹介しましょう。
今回は思わず絶叫してしまう心霊スポットを紹介しますね。

 

マヤ文明の遺跡

遥か昔の弥生時代に存在したとされるマヤ族が発掘した遺跡と言われています。
その全長たるやかなりの広さとなっており特に鍾乳洞が広いかもしれません。
更に鍾乳洞は薄暗く気味が悪いのです。
何故気味が悪くなったのかというと昔はありとあらゆる天候の仕業は神様の成せる業と信じられてきました。
神様を怒らせると何れ自分にも降りかかってくるかもしれないと思ったマヤ族はお供え物として仲間を殺して生贄に捧げたのです。
生贄となった人数は数知れずとなっています。
なので、その人たちの怨念が今でも残っていて記念写真を撮影すれば写真に背後霊が映るとされています。
これが気味悪くと観光客の間で話題になり立ち入り禁止となったのでしょうね。

富士急ハイランドのジェットコースター

年々自殺者が多いジェットコースターの一つとなっています。
自殺者の多くは速度ともの凄い強風で首が吹き飛んだ人たちです。
その他にも電線の具合が悪くなりメルトダウンによる人体発火で亡くなった方も居るのです。
ですので、たまたま遊びに来た人を自分と同じ事故に遭わせるべく細工を施す地縛霊となっています。
このような危険性が極々見受けられたので立ち入り禁止になってしまったんですよ。

 

シギショアラ

今は色々な国で世界遺産に登録されている建造物があります。
世界遺産にもいろいろと種類があって文化遺産・自然遺産など色々あることでしょう。
このシギショアラはルーマニアにある文化遺産として登録されているんですよ。
昔、人はドラキュラという存在に怯えていました。
ひとたび目が合えば体中の血を吸われて死亡してしまうと伝播されていた位怯えていたそうです。
そればかりではなく自分の理想についてきてくれない人は反逆者とみなし民間人を次々と鉄柵に串刺し状態にしてという残虐な性格もあったと言われています。
ドラキュラに殺されてしまった民間人の霊が沢山彷徨っている地域が、このシギショアラです。

豊都県(中国)にあるゴーストタウン

昔の話になりますが、この地域に住んでいた男性を支持した十人は沢山居ました。
ですが、その男性は何をするにも徐々に横暴になっていき周りの人はとてもついていけなくなったそうなのです。
裏切り行為をする人も出たぐらいだと聞いています。
そのような人たちを次々と拷問にかけて死に追いやったそうです。
ですから現在は無残に死んでいった住人の地縛霊が行き場もなく存在しているかもしれません。
まさにゴーストタウンと化しています。